2007年02月20日

確定申告が必要な人

ベンチャーサポートです。

前回で紹介したようにサラリーマンの大部分の方は、給与の支払者が行う年末調整によって所得税額が確定し、納税も完了しますから確定申告の必要はありません。

今回は原則として確定申告をしなければいけないケースを紹介しましょう。

ゝ詬燭稜間収入金額が2,000万円を超える人。

■韻所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人。

2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人。

て餌臆饉劼量魄などで、その同族会社から貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている人。

ズ匈恩彩繁,砲茲蠍酸徴収の猶予などを受けている人。

Ω酸徴収義務者にあたらない者から給与等の支払を受けている人。

退職所得について正規の方法で税額を計算した場合に、その税額が源泉徴収された金額よりも多くなる人。

大阪の税理士・会社設立支援の ベンチャーサポート 総合会計事務所 へ

gunner504 at 11:48│TrackBack(0)

トラックバックURL